-お客様へ お知らせ-

肩書きを「ホームページ相談役」に変更しました

使用する名刺です
使用する名刺です

 今から約2年半前、お客様との会話の中で、ホームページの話しが出ることが多くなりました。ホームページの制作を行っている印刷業者も多く、それならば、弊社でもホームページ作成を営業品目に加えることを決意しました。

 

 これは私の自論ですが、営業する者は「扱う商品を熟知している」「使用する商品であれば自分で実際に使っている」「作る商品であれば制作現場の人間か同等の知識と技術を持っている」でなければお客様に対して、プロとしてのまともな営業ができないと考えていますので、「ホームページ作成」を弊社の営業品目に加えれば当然私が営業しますから、私自身がホームページを作ることができ、作ったホームページWebサイトを、集客できるホームページWebサイトにするための更新と運用管理の知識を習得することが必須と考え、本気でホームページに取り組んできました。

 

 この2年半に自作したホームページが、パソコン用(スマホ対応のレスポンシブデザイン)を 20サイト、スマートフォン専用ホームページを 3サイト、合計 23のホームページWebサイトを作り、更新と運用管理の全てを自分で行い、集客できるようになりました。

 

 集客できるホームページを作るには、ホームページのことだけを知っているのではダメで、「マーケティング(売れる環境作り)」と「コピーライティング(人を動かす言葉や文章(メッセージ))」の知識を学ぶことが必用不可欠です。この二つの知識をある専門家の動画で学び、ここへきて、ある程度自信がつきましたので、私の肩書きに「ホームページ相談役」を加えることにしました。

 

私の進歩の変化が分るブログです

 

 弊社のホームページ制作の、他の制作会社との違いは、一通りの経験を積んだ私が営業をし、サポートもし、そして、最大の違いは、プロの「Webデザイナー」と「コピーライター」に渡すホームページ制作にあたっての「指示書(企画書)」は、お客様と私とで作り上げることです。このような方法をとっているホームページ制作会社は、私自身は聞いたことはありません。

 

 これらの経験で私は、これからの時代は、小規模ビジネスにおいてホームページは、自分で更新と運用管理が出来ることが必須という結論に至り、それを前提に、私の一連の経験で、お客様にホームページというものが理解できるには、この方法が最善と考えたからです。

 

 ホームページのご相談は勿論(もちろん)ですが、お客様には日頃のご利用に感謝をし、既にあるホームページの診断とアドバイスを無料で致します。特に、ホームページを作ってから 5年以上経っていて、今までに更新をまったくしていなかったり、ホームページを作ってから、お問い合わせがまったくない場合、ホームページの作りが、今のホームページの事情に合わなくなっている可能性が大きいので、遠慮なくお電話下さい。

 

私のホームページに対する理念です!

 

小規模ビジネスにおいてホームページWebサイトは

自分で 更新.運用.管理 するものです!

 

一緒に考えます!
一緒に考えます!

(有)オフィス・アライ 新井則久 2016.12.29.